ワールドウィッチーズ カレンダー ◆4月 ◆5月
ルミナスキャスト カレンダー ◆4月 ◆5月


今週のSteins;Gate#15:ダルがスーパー紳士モードに! なんか束の間の日常が戻ってきた感じだったな

Category:
Steins;Gate
Comments:0 Comments
110715 (6)

ダルがいると安心できるのはなんでなんだぜ?
なんと鈴羽がジョン・タイターだった!?(棒

2036年、、そこはSERNが世界を支配する社会、『ディストピア

110715 (2)


          ヽ
  .黙 ち   |                  ___
  っ ょ.   |              _/⌒  ⌒\  こういうへそ出しに
  て っ   | / ̄ ̄\     //(●)  (● ) \  ベルトっていいよね!
  て と   |    ノ ヽ、\ //:::⌒(__人__)⌒:::  \
  .く      .|   (●)(●) |(  |    `ー ´        |
  れ      |    (_人_)│ \\_          /
.         /    ` ⌒´ | ヾ \              \
\____ゝ|          |   ,-‐>              |
          ヽ       /  / rっ|         Y   |
            ヽ       く   /  / |            |   |
           >      `r   /   |           |   |
         /          /    |            |   |


自由が奪われた世界で、鈴羽は人々を救うためにSERNに反抗する組織に入っていた。
だけど、そんな世界を変えるためには、まず根本から変える必要があった。
そこで鈴羽は、父が残してくれたタイムマシンで2010年にやって来たのだ。

でもSERNはただの実験機関だと、ネット上でもそう訴えたという助手。

オカリン「さては、まさか『栗悟飯とカメハメ波』というのはおまえだったのか…!」

なんか特徴あるHNだと思ってたらwww ジョン・タイターの現れたのってどこの板なんだ?
もしかしたら、そこのコテハンだったりしてなwww


     ____
   /      \  とりあえずその時の書き込みでも見てみるか…
  /─    ─  \ えーと、BDはというと…
/ (●)  (●)   \
|    (__人__)      |
\   ⊂ ヽ∩     <
  |  |  '、_ \ /  )
  |  |__\  “  /
  \ ___\_/




110715.jpg

(※管理人は現在引っ越し準備中です。)


         ___
    ;;/  ノ( \;
    ;/  _ノ 三ヽ、_ \;   
  ;/ノ(( 。 )三( ゚ )∪\;  
 ;.| ⌒  (__人__) ノ(  |.; 
 ..;\ u. . |++++|  ⌒ /;
   ノ    ⌒⌒    \


どこにいれたか分かんねェ…

ちなみに、助手は2036年にはSERNと協力して、タイムマシンを開発した
『タイムマシンの母』として崇められてる!?

そしてオカリンはテロリストとして有名らしいが、二人とも死亡しているらしい。

鈴羽はそんな未来を変えるために1975年にこれから行くことに。

SERNがタイムマシンを開発できたのはラジ館前で送ったあのDメールが原因だったとな?
なんでも、SERNの通信傍受システムにDメールが引っかかったらしい。
要するに、電話レンジのことを知ったからこの先SERNはタイムマシンを作れたってことか…?

だったら、その形跡を無くすためにSERNにハッキングをしかければ、、と言うオカリンだったけど、
まずはIBN5100を見つけなければそれも出来ない。
だから鈴羽はIBN5100をオカリンに託すために1975年に向かうのだという。

でもなぜ2010年に?
父親を探すためらしいけど、鈴羽は世界のためよりも、まず自分の親を見ておきたかったのかしら。

ということで、いざタイムマシンを起動させようとすると、なぜかエラー!?
どうやら壊れてしまったらしいが、こんな時に警備員がやってきてしまい
オカリンは2人を逃がすために囮となって警備員から逃げていく。
でも鈴羽は助手と一緒に逃げることを拒もうとするが、、

助手「早く!未来じゃどうだったかは知らないけど、今の私と同じラボメンなのよ!」


うおおおおおおお!!!ここは滾った!!( ゚∀゚)o彡°
助手は可愛いし、こういう時はカッコいいから困るwww

なんとか逃げ出すと、タイムマシンが壊れた原因はこの前の雷雨かもしれないと鈴羽は言う。
ということは、あの夜鈴羽を引き留めなければ、鈴羽は、、、とオカリンが後悔していると、

まゆしぃ「あ!オカリン!紅莉栖ちゃんとスズさんも一緒だ!」

そこに現れたのはまゆしぃとダル
でも帰したはずなのに、なんでまだアキバにいるんだと言うオカリンだったが、
どうしてもパーティをするべきだとまゆしぃが強く主張したかららしい。

これから大事な話があるからと、なんとかまゆしぃを説得させ、ダルと一緒に帰っていく。


110715 (3)


       / ̄ ̄\  ェ…
     /   ヽ_   \
     ( ●)( ●)  |         ____
      (__人__)   U |          /      \ このツーショットに
     |r┬-|     |      ./─    ─  \ パトカーのサイレン、、
.     `ー'´      |      / (●)  (●)   \ ダル人生詰んだな…
      {       /     .|    (__人__)     | 
      ヽ     ノ      \    ` ⌒´     ,/
     /       ^ヽ       /             \
      |          |      |              |


3人はラボに戻り、タイムリープマシンの完成した時間に戻り、
そこから更に48時間後に飛んでタイムマシンを修理することに。

これは世界を救うためではない―――ただまゆりを助けるためのミッションだ―――。

53時間後に戻ったオカリンはラボメンを招集し、、って一体どんな感じで鈴羽のこと教えたんだww

ダルに、2日でなんとか直してくれたらなんでもお礼をするからと言うオカリンに、
フェイリスとの一日デートを申し込むとオカリンは任せろと言う。
さすがのオカリンでも無理じゃ、、というダルだったけど、


オカリン「俺に不可能はない! 信じろ!」

110715 (4)

ダル「いいですとも!」


さすがダル!マジ紳士!!
というか、この後のシーンもそうだけど、やっぱり日常編の面白い雰囲気はダルが鍵だったかなと。
最近ダルの出番少なかったから、前みたいな楽しみ方はしてなかったけど、
今週は今と前の面白さが融合した感じで良かったな!



               / ̄ ̄\
             / ノ  \ \
             |  (●)(●) |
                | u.(__人__) .|  
        r、      |   ` ⌒´  .|
      ,.く\\r、   ヽ      ノ
      \\\ヽ}   ヽ     /
       rヽ `   ヽ  /   ァ'´ヽ  スパァン
        └'`{  .   \.|   /   i
            ヽ、._   ヽ、_,r' \、从人,/
          、 、 `ヽ、   /ゝ ゙ ; '; て
            \丶、 `'ー'´ /'⌒Y ̄`\    しまった…
               丶、ー  / ─    ─ \  こういうコメントは
               ̄/   (●)  (●)U \ 最後のまとめに
.___________ |     (__人__)    | 残しておくべきだった…
|             | | \     ` ⌒´    ,/
|             | | /           \___
|             | |            、  ヽ  | |
|             | |            ヽ  ヽ l |
|___________|_|         nnnー ⌒ | | |
    _|__|_|_  二二l二二l ̄ ̄ ̄(二¨),__/



オカリンがダルにSERNをハッキングしろと言った時もオカリンは本気だった。
でも今のオカリンはあの時よりももっと本気だ!(゚д゚)

助手にはタイムリープマシンを作成するようにと命令すると、
突然まゆしぃがもう一つやるべき何かが残っているという。

それは鈴羽の父親探し。
わざわざ2010年に来るほど父親を見つけたかったはず。
だからまゆしぃは鈴羽と父親を逢わせてあげたかった。

というわけでみんなはそれぞれのやるべき事を開始!

とりあえずタイムマシンの中を調べてみるダルだけど、
なんか電話レンジに似てることでなんとかなりそう!?


        / ̄ ̄\  
      /      \     .____
      |:::::: ノ(    |   ./      \ ほらほら、伏線出てるよ~
     . |::::::::::⌒     |  / ⌒   ⌒ \ どうせダルが父親なんだろ?
       |::::::::::::::    |/  (●) (●)   .\ 今回も当ててみせるお!
     .  |::::::::::::::    } |     (__人__)     | 
     .  ヽ::::::::::::::    } \    ` ⌒´    ._/ 
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /:::::::::::: く     | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \――┴┴―――――┴┴――



鈴羽の父親はラボメンのことを知ってる人物らしいけど、
この情報って既出だったっけ?
ちなみにこの情報は父親の遺書に書いてあったらしい。

その父親はSERNとはまた別にタイムマシンを作り、未来を変えようとした。
鈴羽はその意志を受け継ぎ、過去にやってきたのだ。
でも鈴羽の目には、、そしてそれを見たダルは、、、

地道にピンバッチの詳細を調べているオカリン達のいるラボに鈴羽が帰ってくると、
鈴羽はダイバージェンスメーターをオカリンに託すことに。
リーディングシュタイナーを持つオカリンにしか数値の変動は分からないのだから。
つーか、リーディングシュタイナーが未来では公式なんだなwww

110715 (5)

これって今はダイバージェンス33%くらいってことでおk?
この数値の減りを大きくするには規模の大きい過去改変をしなきゃいけないんだっけ…
確か過去改変が起きるたびに数字が小さくなっていた気がするが…
と、思って調べてみたけど、なんかルカ子の母親に野菜食べろみたいなDメールの時
数値の減りが多くない? この時大きな変化が起きたのかしら?

鈴羽は未来のオカリンに会ったことはないらしいが、
オカリンは鈴羽の所属してるレジスタンスの設立メンバーだったらしい。

オカリン「くだらない、、まゆりを助けることもできず、のうのうと生き続けたあげく、
      そんな厨二病みたいなマネを!」

ここはツッコむところ?www


でも鈴羽は、世界を救おうとSERNに歯向うことは立派だと言う。
そしてその頃、ダルは、、

110715 (6)

スーパー紳士モードキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!



        / ̄ ̄\ それってメンドくさがり…
      /       \ ____
      |:::::       |/      \    オタクはな…
     . |::::::::: U   |:::/::::\:::  \  本当に大切な時しか
       |::::::::::::::::    |●) (●)    \ 本気を出せないんだ…
     .  |:::::::::::::::    |::(__人__)///   .| ダルの本気をしかと
     .  ヽ::::::::::::::   |::::` ⌒´      /  この目で確かめようぜ!
        ヽ::::::::::  ノ::::::::::::::       \
       (ろ::::::::::: く::::::::::::::   / /|
-―――――|:::::::::::::::: \―――.(___ノ―┴
         |:::::::::::::::|ヽ、二⌒)



翌日。オカリンと鈴羽は2人で父親の持ってたというピンバッジについて
何か知ってる人がいないかを探していると、一人の出店の外人と出会う。

オカリン「Hey! Mr.! I'm mad scientist It's so cool!!」
外人「はい?なんですか?」


ピンバッジを見せると、なんか知ってる感じ?でも思い出せないので、
オカリンは彼に連絡先を教えて捜索を継続すると、鈴羽はもうやめないかと提案する。

オカリン「諦めるのか。まだあと一日残ってるんだぞ!」

確かに今はまゆしぃを助けるために力を注ぎたい。
だけど、鈴羽も同じラボメンの一員であり、オカリンは困ってるラボメンの力になりたかった。

すると、近くでまゆしぃがビラを配っている?
しかも誘拐事件が起きて、その犯人のピンバッジを手がかりに犯人を捜してるというウソ情報でwww

110715 (7)

誘拐事件にしてはファンシーすぎるなwwww
でも近くに警察がやってきてしまい、3人はなんとか逃げ出し、いつもの公園へ。
すると、オカリンの後ろからなにやら足音が!!?


           ____
         /   ∪  \
       γ⌒) ノ三三三ゞ(⌒ヽ   
      / _ノ (>)三(<) \ `、   
     (  <:::∪:::::(__人__):::::∪|  )
      \ ヽ ::∪::::` ⌒´∪:://



               ____
             /      \ な、なんだ助手か…
           / ─    ─ \
          /  (●) (●) U\
            |      (__人__)     |
          \     `⌒´    ,/
          /     ー‐    \



         / ̄ ̄\ ニヤニヤ
        /   ⌒  \
         |   ( ⌒)(⌒)
       |    (__人__)
          |     ` ⌒´ノ
        |         }、__
    ,.-─‐ヽ       }   ` ̄ヽ
   /     |\__   ノ       |
. /      ヽ    ノ          |



.            / ̄ ̄\
.           /  _ノ .,;;,. \
         | .iil(○)illi(O)|
         |   (__人__) |
         |U   |ii!!ii!!|| ノ
         |  U |o0Oつ}
          /ヽ    |ェェェU }ヽ
        /  ヽ   U || ノ|           / ̄ ̄\ ニヤニヤうるせーっ!
       /   ∩ _rヘ U|  / ズンッ!!   /ノ(       \ こっちは相当神経削らせて
       |   /_ノ    |____ /  ⌒         \ 見てんだよ!!
      |  / / /::、::´ ̄  ̄  =― ー ̄ ゙゙̄―゙―-、| ぶっちゃけ怖かったよ!
      lヽ、__./   ヽ丶=―――__            \
      |        丶   ゙`゙ ̄ ̄   ̄ ̄ー         \
        \                         `\        |
                             (゙ ト、       |


助手曰く、なにやら大変なことが起きたとな!?

助手「天音さんのお父さん、、誘拐犯かも…」

なにか緊急のことかと思ったら助手が釣られただけでしたとさ(ノ∀`)
でもこういう感じは久々で、なんか心地いいですな。

4人は現在スーパー紳士モードなダルの元へ。
なんとか明日まで、つまり2日以内で終わるというダルを見て、
鈴羽は素直にダルはすごい人だと感じていた。

ダル「天音氏も手伝って。そして2人で狭いマシーンの中でうだるような暑さの中で
    僕らは恥ずかしさも忘れ服を脱ぎ、、ハァハァ、、、。」


        / ̄ ̄\
      /       \      ____
      |        |   /      \
     . | -━- -━-|  /        \   
       |::::: (__人__) |/  -━-  -━-  \
     .  |::::::::` ⌒´   } |     (__人__)    | 
     .  ヽ::::::::::::     } \    ` ⌒´    _/ 
        ヽ::::::::::  ノ   |           \
        /:::::::::::: く    | |         |  |
-―――――|:::::::::::::::: \-―┴┴―――――┴┴――



110715.png

でも顔を赤らめる鈴羽可愛いよ!世界一かわいいよ!(←おい

そんな2人を見たまゆしぃはダルと鈴羽がお似合いだと言う。
これはつまりダルが父親ってことですよね。分かります。(えー

鈴羽にとって、2010年は自分のいた時間よりも平和なのに、
なぜか恐怖を感じていた。それは自分がたった一人だったから。

だからオカリンや他のラボメン達と仲良くなれたのが嬉しかった。
今では2010年に来てよかったとも思ってる。
そしてこの楽しく、自由な未来を作るためにオカリンに意志を託す。

そんな鈴羽の話を聞いていると、オカリンの携帯が鳴る!?

「Hello madscientist so cool」


なんとあの外人から電話キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

そしてあのピンバッジに関してなにか思い出したとな!?
オカリンはすぐにその男の元へと向かっていく。
ついに父親の所在が分かるかもしれない、、鈴羽は一体何を想う?




いやー、今回も相も変わらず次回が気になる終わり方でしたなwww
でもホントに一体鈴羽の父親が誰なのか…
ゲームでここやってたら、まず間違いなくこんなところでは終われないよねwww

そして、さすがダル!マジ紳士!!
というか、この後のシーンもそうだけど、やっぱり日常編の面白い雰囲気はダルが鍵だったかなと。
最近ダルの出番少なかったから、前みたいな楽しみ方はしてなかったけど、
今週は今と前の面白さが融合した感じで良かったな!



/. __          /  おい、、この文章さっき見たんだが、、?
  "´   ` ヽ、     i′
         ヽ  ,__ノ ヘ-‐''、,.ニ= 、
          ヽ i_,' /(●)  (●) \  し、知らないお…
            'v´ r ´,  ヽ     ヽ  きっと違う世界線でみたんじゃないかお?
            ヽ `l´` f‐'    ∪  i
        __    ヽ  ̄´       . l ./^^^^i
        `lヽ    ヽ  _       //    /
        / ,ヽ    ヽ   ` -‐- 、_ ノ_ゝ-、ノ
        //  \    ̄ ̄  ー- 、',´   `i
       /     \            __  /
       /       `ー── ァ‐ 、  ̄   `l´   ゚



※ここからはネタバレ注意、、というか、ネタバレかは分からないけどもしかしたらそうかもしれいから以下ネタバレ注意


【一週間くらい前】

          ____
        /      \   ジョンは名前として分かるけど
       /  ─    ─\ バレルっていう名前の人は珍しいし、
     /    (●)  (●) \ 確か石油の単位とかじゃなかったっけ…
     |       (__人__)    | ___________
     \     ∩ノ ⊃ / | |             |
___(  ` 、 _/ _ノ   \ | |             |
| |   \   “  / ___l  || |             |
| |   | \   / ____/| |             |
| |   |    ̄             |_|___________|
 ̄ ̄ ̄ ̄("二) ̄ ̄ ̄l二二l二二  _|_|__|_



         ___
       /      \ ちょっと辞書で調べてみるか
      /  ─   ─ \ PCだとネタバレ怖いし…
    /    (●) (●) \
    .|      (__人__)   |    __
     \     ` ⌒/ ̄ ̄⌒/⌒   /
    (⌒      /     /     /
    i\  \ ,(つ     /   ⊂)
    |  \   y(つ__./,__⊆)
    |   ヽ_ノ    |
    |           |_
     ヽ、___     ̄ ヽ ヽ
     と_______ノ_ノ



              ____
             /        \   人
            /           \   て
            / \     _/      \
            |  (●)   (●)      |
.           \  (__人__)  u.   /
           /  `⌒ ´       \
      彡三三ミY彡三三ミ\--、    |
       \    \\    \E |    ノ




バレル[barrel]
石油などの計量単位。1バレルは約159リットル。本来はの意。
(カタカナ語新辞書より引用)



                   ___ _
                  ,  ´        `
             /       ,        \
                /      /,__      \
            /       ∠iニゝ´       ヽ
              /  ̄,二‐                 }
          |   i. !フ´.、               |
           |       _)、      ヽ        |
           {      (__,;=ー―-‐″     /
           丶      `´ ,―            /
              丶     ` ̄}         /\
                \     i´       /.::::::::::\
                 \__.」     _∠:::::::::::::::::/^⌒
                 \    ̄ ̄´      ::/
                      /\.       /


これはもう確定だろう…
関連記事

gB0xsMfYwDIQ_20180907185543536.jpg